コラーゲンを摂取していつまでもピチピチ肌に

レディ

体内でどう働いているのか

コラーゲン

足りないものは外から補充

基礎化粧品だけではなく、サプリメントやドリンクまで、女性たちの美容を徹底的にサポートしてくれるのがコラーゲンです。肌に良いというイメージを抱いているものの、具体的にどんな役割を果たしているものなのか、あなたはご存知ですか。コラーゲンがどのような役割を果たしており、なぜ積極的に補充することが必要なのか、詳しく解説していきます。コラーゲンは、たんぱく質の一種です。人間の体は、曲げたところで簡単に折れることはありません。しなやかな弾力性を持っているものですが、これをもたらしているのがコラーゲンなのです。コラーゲンは体内で細胞と細胞を結び付ける役割を果たしています。肌はもちろんのこと、骨や血管などでも活躍してくれています。人間の肌がしなやかな弾力性を持っているのは、コラーゲンが豊富に含まれているためです。加齢やその他の影響によりコラーゲンが減少してしまえば、特有の弾力性は失われてしまいます。つまりは、大切なお肌のハリが失われてしまうということなのです。残念ながらコラーゲンは、年齢を重ねていくと、体内で生成される量が減少してしまいます。それだけではなく、コラーゲンの質自体も低下してしまうので、注意が必要です。こうした減少をサポートするために、サプリメントやドリンクで外部からコラーゲンを補給する必要があるのです。お肌の変化を実感し始めた時期にこそ、ぜひ積極的な摂取を検討してみてください。